飼い主に13歳で動物愛護センターに持ち込まれ、殺処分になるところを救われたモフリちゃん
そのモフリちゃんに会ってきました。

🎀 モフリちゃん、今はカラーも外れ、抜糸も済みました

保護主のCigarさんが悩みに悩んで踏み切った手術は大成功でした。腫瘍はすべて切除することが出来、後遺症もなく耳は綺麗になっていました。
詳細はCigarさんブログで。http://taikotatakicigar.blog33.fc2.com/blog-entry-1658.html

🎀 他の猫さんが恐くて隅っこで固まるモフリちゃん

モフリちゃん、ご機嫌で撫でてあげるとゴロゴロ、ゴロゴロ。 ところが、ケージの扉を開けていると出て来て、隅っこに座ったまま固まってしまいました。

🎀 穏やかな盲目のホヌじいさん


モフリちゃんは年を取るまでずーっとひとりっ子だったから、他の猫さんが恐いのです。 近くを通過する猫さんを次々に威嚇します。

盲目のホヌじいさんもびっくり。

🎀 アキマルくん

下半身まひのアキマルくんも慌てて前足漕いで通過しました。
アキマルくんは神経のない足を噛んで傷つけてしまうから靴下を履いています。

モフリちゃんだけではありません。
シルちゃんきんさん人は大好きだけど、猫と暮らした経験はないらしく、みんな猫嫌い

🎀 きんさん

きんさんはこんなに若々しい。
『第2の「猫生」があってもいいでしょ?』

🎀 シルさん

シルさんは綺麗なおばあさん。
『もう一度、私のお家がほしい。』

まったり、ゆったり過ごすパートナーとして三婆猫さんは最高です。 年齢的にもう子猫は飼えないという方にも飼えるお年頃です。

動物愛護センターでの殺処分は二酸化炭素による窒息死です。 一瞬で命が絶えるわけではなく、処分される子は苦しんで死んでいきます。 そして、命が絶えなかった子は生きたまま焼かれます。
10数年、人のそばで寄り添ってきた子がそんな風に殺されるのをあなたはどう感じますか?
助けて寿命を全うさせてあげたいと思いませんか?
誰も同じことを思うはずです。
でも、行動に移せる人はなかなかいません。
Cigarさんは誰もが思うことを行動に移せる希な人です。

🎀 アキマルも助けてもらった

🎀 保護部屋でホヌじいさんと仲良し♪

🎀 三婆猫さんへの募金箱

前回、Cigarさんのところの三婆猫さんへのご支援を呼びかけました。
通常、掛かった費用、掛かるだろう費用を基に目標額を設定してご支援をお願いしますが、三婆猫さんに掛かった費用は想像するにかなり高額で、私の力では到底集めることは出来ないだろうと思い、目標額を提示しないまま募金を開始しました。


Cigarさんに直接会ってお尋ねするとやはりかなりの額でした。
きんさんは初めの手術だけで13万円ほど。食べない期間が長く、ずっと通院していたので毎回数千円単位でかかっています。今はバリバリ元気になってふっくらばあちゃんになりましたが。
モフリちゃんは最初のCT検査などで10万円ほど。今回の腫瘍摘出手術で13万円掛かっています。
大きな出費だけで2匹で36万円です。

街頭であれば100円とか、ちょっと頑張って500円。奮発して1,000円とか、皆さんが割と気軽に募金してくださるかもしれませんが、送金となるとそうはいかないようです。 今回も高額の募金をいただいています。
現在、集まっているのは114,587円(送金103,000円、店頭11,587円)です。(7月31日現在)
ありがとうございました。
しかし、まだ、モフリちゃんの手術代にも達していません。
たくさんの方が無理のない範囲で少しずつご支援くだされば大きくなると思います。
暑い中、金融機関に足を運ぶのは大変ですが、500円なら1,000円までなら協力できると思われる方、
募金をお願いできないでしょうか?
ブログでのご報告は3,000円未満についてはお名前のみとさせていただきたいと思っています。
募金は8月末で終了させていただきますので、よろしくお願いいたします。

************************************************
【振込先】ゆうちょ銀行
  ★ゆうちょ銀行同士なら手数料はかかりません
    記号:17480 番号:33159331
    ネコノキキン
  ★他の金融機関から振り込む際
    店名:七四八(ナナヨンハチ)
    店番:748
    普通預金口座番号:3315933
    ネコノキキン
私のブログで公表させていただくために、振込人のところに
本名でもイニシャルでも仮名でも構いませんので、記載をお願いいたします。
************************************************

Cigarさんは自分の時間はすべて愛情込めて猫たちのお世話に費やされています。
3時間おきの授乳が必要な子猫の時期は睡眠時間も取れません。
ボランティアって、自分の時間を捧げ、愛情を捧げ、
そのうえ、猫たちの生活費、医療費までも手出ししないといけないのでしょうか?
せめて金銭的なところをみんなで支えられないかと思って考え付いたのが、
特定の保護猫さんに毎月3,000円を支援するキャッツ・ペアレントの仕組みです。
まだまだ数は多くはありませんが、
保護ボランティアの方には自分は一人じゃないと思えるのが有難いと言っていただいています。
【この投稿がご縁で東京の方にモフリちゃんのキャッツ・ペアレントを申し込んでいただきました】
ありがとうございました。

※今回、写真はCigarさんのブログからお借りしました。※

************************************************
「五匹の猫とパリの風」キャッツ・ペアレントのページ
(http://gohikinoneko.blogspot.jp/p/blog-page_72.html)
キャッツ・ペアレント募集中の猫を見ることができます。
************************************************
【お問い合わせ先】
猫カフェ「五匹の猫」
北九州市小倉北区片野新町3-1-12レ・サンク・シャ1F
093-967-6840
************************************************
■ 馬場 桂子 ■