女の本屋

views

931

「うそつきは誰?」金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』

2012.04.14 Sat

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.主人公・湊(みなと)は日本史研究同好会サークル所属の城好きな地味系女子。ある日、友達の制服を借りて化粧も盛り盛りに女子高校生の振りして歩いていたら、仲のよくない義弟・透に偶然遭遇。「別人ですけど?」と言いまかして難を逃れたけれど、なぜか義弟は女子高校生「ミナ」に変装した義姉に本気で惚れてしまい、そのあとものすごい猛プッシュが始まる。なんでバレない!?と読者とともに湊もツッコむのだが、バレないどころか、嘘に嘘を重ねたあげく退路をどんどん断たれて、湊はミナとして透とつきあうことに。でも貞操の危機も差し迫り、「父親がエクアドルに赴任」と嘘をついていったん別れるものの、また元の木阿弥に。現在(第3巻)、こうなったら「湊」として透と付き合うしかないと、「ミナ」から透を奪うべく奔走するのだがちっともうまくいかない。「自分がライバルです!ってアスリートっぽいよな」と友達に励まされるものの(?)、八方ふさがり・四面楚歌・引くに引けない状態で、三角関係もかぶってきてますますカオス化! 湊が恋愛沙汰には不慣れだったのに、いきなりワケの分かんない情況に放り込まれて右往左往する姿が、かなりスラップスティック。この状況にどうオチがつくのかすっごく気になるのに、続きは来年って鬼すぎる!(theta)








カテゴリー:わたしのイチオシ / theta

タグ: / 恋愛 / 女子高生