お助け情報

views

410

相談No7「闘病期間が就職活動のハンデになるのではないかと心配です」

2012.06.24 Sun

28歳の現在無職の独身女性です。大学の4年生の時に死にかける大病をし、1留してから卒業しました。

体力的な完全復帰にとても時間が必要だったので、新卒&第二新卒のチャンスは逃しました。専門大学だったので学んだデザインと工芸技術を活かし、小物作りをリハビリとして闘病期間を過ごしてきました。この小物制作活動が周囲の協力やご縁もありお小遣い稼ぎ程度に売れるようになったのですが、自立できるほどに稼げないので就職したいと考えていた矢先、今度は別の病気がわかり治療へ通っているのが現在です。

治ったら働きたいのですが、就職活動を始める際、闘病期間というキャリアの空白をどう説明すればいいのでしょうか。闘病期間が長い分、受ける会社に「言わないで済む」とは思えないのですが、

28歳でアルバイト以外に就労経験がないことは、採用する側にも不安が大きいとすぐに予想はできます。何かアドバイスをいただけましたら幸いです。

カテゴリー:キャリア相談

タグ:仕事・雇用 / 身体・健康 / キャリア / no7 / 福沢恵子