お助け情報

views

398

No.7 回答

2012.06.24 Sun

「28歳でアルバイト以外の就労経験がない」というのは確かにハンデかもしれませんね。でも、あなたの場合、専門性があるのが何よりも救いです。

デザインや工芸関連のスキルをお持ちということは美術系の勉強をされていたのでしょうか? それなら就職活動の際には「卒業後は作家としての創作活動を考えていたので敢えて就職活動はしなかった。創作活動と平行してアルバイトをしていたが、やはりフルタイムでの就労を考えたいと思い、遅ればせながら就職活動をしている」というようなストーリーを作っても差し支えないと思います。

闘病についてはあまり克明に伝えてもかえって「健康に問題があるのでは?」という印象を与えてしまうかもしれないので、もしあなたがどうしても触れないでおくことに気がとがめるのであれば、「作家活動をしていた途中で体調を崩して一時期療養をしていた」とさらり述べる程度にしておけば宜しいのではないでしょうか。企業側は「勤務に問題ない健康状態であるか」を気にするわけであって、過去の病歴にすごく関心を持っているわけではありません。それよりは、あなたの専門性やスキルを市場のニーズに対応できるだけのものに高めておくことが大事だと思います。

また、ある程度年齢を重ねてからの就職活動は単に「求人に応募する」というよりも、人的なコネクションが威力を発揮する可能性が高くなります。これまでの知り合いや母校の先生など、どんな形でもかまいませんので、あなたのことをよく知っている人達のサポートもぜひ得るようにしてください。そのためにも、あなたの持っている小物作りのスキルを有効に活用するといいですね。就職活動の布石として知り合いに作品をプレゼントするのもきっと効果的だと思います。

カテゴリー:キャリア相談

タグ:仕事・雇用 / 身体・健康 / キャリア / no7 / 福沢恵子