シネマラウンジ

views

1531

”思い出の一本”映画評 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 星薫子

2010.12.07 Tue

<div class="old cf"><p><strong>母さんが父さんと結婚しないと……僕が生まれない!</strong></p><p>人生の「もし」を考えると、この世に生を受けることほど不思議で運命的なものはない。本作は80年代に一大ブームを巻き起こした青春SFムービー。マイケル・J・フォックス演じる高校生が、過去にタイムトラベルして未来の母親に言い寄られた時の、この心の叫び。</p><p>映画は当時のカルチャー(スケボー!)がきらきらと眩しく、大人気だった主演のマイケルは驚異的なベビーフェイスで高校生に見える。時は1985年。高校生マーティは友人の博士とタイムトラベルの夢を叶える。が、燃料のプルトニウムを巡るトラブルで、マーティはひとり30年前の過去にトリップしてしまう。現代に戻る燃料はない、しかもひょんな事で出会った当時高校生の母親エレインは、将来の息子に恋をする。このままでは彼は生まれない。果たして彼は過去を修復し、無事1985年に戻れるのか? というお話。</p><p>タイムトラベルはどうしてこんなにも繰り返されるテーマなのだろう。きっと誰もが自分の人生の決定的な「もし」が現実とは違う方向に転んでいたらどうなっていた?と一度は考えずにはいられないから。この映画でも悪者キャラのビフが下僕のようにマーティの父親に仕えている未来や、パート2ではそのビフがマーティの母親と結婚してしまう未来が存在する。左右するのはプロム(高校卒業パーティ)での出来事や、賭博に使われるスポーツ年鑑の行方だ。</p><p>あり得たかもしれない別の人生を夢想して、悔やんだり喜んだり、人間ってバカみたいだ。でも待てよ、とも思う。実際の人生で決定的な岐路に立たされることはそうはない。あるいはそんな岐路があったとしても、後から思い出して結果論でしか語れない。アメリカの高校生にとってプロムは一大事だろうけれど、やはり日常の延長だ。些細な日常の積み重ねが、人生の方向を決めている。自分がこの世に生まれた、なんたる偶然。自分の子供が「その人」である、なんたる奇跡。タイムトラベルは、分かっているはずのこの事実を実感させてくれる。</p><p>映画の最後でマーティの母親が彼に言う。「あなたのこと忘れない、将来子供が生まれて男の子だったらマーティって名前にする」……ということは、マーティが30年前にやってくることは、予め決まっていた? マーティの存在がなければ両親は結婚しなかった? じゃあマーティはどこから来たの? こんなメビウスの宇宙にはまって頭がふらっとするのもタイムトラベルの醍醐味だ。</p><p><strong>アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.</strong></p><p>星薫子/翻訳、執筆業。パパラッチ写真を扱っていた通信社勤務時代より、ハリウッド・ゴシップ好き。現在ゴシップ雑誌や、海外TVドラマ情報誌で執筆中。また怪奇小説やホラー映画、ゾンビものも大好き。こちらは仕事に結びつかず……</p><p><input name="amazon_small_image" type="hidden" value="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Zobo6Wi0L._SL75_.jpg" /><br /> <input name="amazon_medium_image" type="hidden" value="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Zobo6Wi0L._SL160_.jpg" /><br /> <input name="amazon_large_image" type="hidden" value="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Zobo6Wi0L.jpg" /><br /> <input name="amazon_title" type="hidden" value="バック・トゥ・ザ・フューチャー 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]" /><br /> <input name="amazon_author" type="hidden" value="" /><br /> <input name="amazon_manufacturer" type="hidden" value="ジェネオン・ユニバーサル" /><br /> <input name="amazon_publidation_date" type="hidden" value="2012-05-26" /><br /> <input name="amazon_url" type="hidden" value="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%80%90%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%80%91-DVD-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/B0026P1KL0%3FSubscriptionId%3DAKIAIVGUGFNUCXEGTYGA%26tag%3Dpokemonnohiro-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0026P1KL0" /></p></div>






カテゴリー:新作映画評・エッセイ / DVD紹介

タグ:くらし・生活 / 映画 / DVD / 星薫子