エッセイ

views

2898

名古屋のあんかけスパとはなんぞや 石河敦子

2013.06.30 Sun

あんかけスパについて書こうと思いたった。渋谷典子さんもいとうしずかさんもとりあげていらっしゃらなかったし数年前から住んでいる名古屋でそれまで食べたことがない名古屋めしと思ったからだが、実は子どものころから慣れ親しんだ味であったことがわかった。それについてはのちにふれるとして、あんかけスパっていったい何?ここ2週間で食べた4回分をまとめてみよう。

1あんかけスパゲティ6月初旬、友人Kさんのお誕生日会をかねて彼女オススメのお店「オーニヨン」へ。卵焼きがのったあんかけスパを頼んだ。あんかけスパのメニューでは「サンジェルマン」といって、いちおうスタンダードなメニューであるらしい。アメリカン卵焼きと説明書きがある。


友人二人はランチセット。ワンプレートにボンゴレあんかけスパ、ごはん、サラダ、選べるおかずがのってくる。イタリアンな店の雰囲気にはそぐわないほど名古屋チックなお得感がある。選べるおかずはカニクリームコロッケか、から揚げか、ハンバーグ。Kさんの娘さんが食べていたのはカルボナーラ。カルボナーラをさらにあんかけでからめて食べるスパゲッティである。

ランチセットをたのんだもう一人の友人Yさんは名古屋野外活動研究会の会員で名古屋文化に詳しい。あんかけスパについて調べたこともあるという。その彼によると、あんかけスパは「ヨコイ」が老舗で有名だ。客が来てからゆでるのでは効率悪いからあらかじめゆでたパスタを使う。麺がのびないように太麺を使用。注文を受けてから油どおしをして出すのだそうだ。イタリアンっぽく感じないのは油どおしの油がおそらくオリーブオイルではないから。

さらに「あんかけのあんはハヤシライスのデミグラスソースとベースは同じ」というのでネット検索してみたらハインツのサイトでデミグラスソースを使う作り方が出てきた。

「その辺のことはみんな知っているからネットで調べたほうがはやい」そうだ。

さてこの日、あんかけスパを食べたことがなかったというのは単なる思い込みであったことを発見した。あんかけソースは昔から地元豊橋のチャオで食べていたスパゲッティの味だったのだ。豊橋のチャオが昭和42年のレストラン開店当時からあんかけソースを出していたとすれば、おそらく元祖といわれる名古屋のスパゲティハウス ヨコイぐらい歴史は長い。私にとってスパゲッティといえばこの豊橋オーギヤグループのチャオのスパゲッティだったのだ。小学校のころには少し辛かったが舌は慣れる。本格パスタレストランにはないメニューであることに気がつき、いつしか全国区になってもおかしくない、イタリア人にぜひとも紹介したい味になっていた。

参考までに豊橋のチャオのサイトで紹介されているあんかけソースのざっくりレシピはこちらをどうぞ。

しかしいつのまに、これがあんかけスパと呼ばれるようになったのか。

ウィキペディアによるとこの手のあんかけソースがスパゲッティにからめてだされるようになったのは1960年代。あんかけスパゲッティと命名されたのは80年代とある。それにしてもイタリアンからかなり距離をおいたようなネーミングである。

あんかけスパゲティ3お誕生日会の次の週末、名古屋駅地下街のスパゲッティハウスチャオで晩ごはん。メニューは野菜だけのこれまた標準メニューのひとつカントリーにエビフライをトッピングしてもらう。上にあげた豊橋のチャオとは全く別会社で後発である。こちらのチャオも地元スーパーなどにレトルトを卸している。

【名古屋名物】スパゲッティ・ハウス ヨコイのソース 4人用500g(250g×2袋)

【名古屋名物】スパゲッティ・ハウス ヨコイのソース 4人用500g(250g×2袋)

Amazon価格:¥ 1,230

カテゴリ:その他

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


数日後、ヨコイが出しているレトルトのあんかけソースを近所のスーパーで買ってきて、ありあわせの具と全粒粉パスタにからめてみた。9分ゆでる太さの麺。とり肉をフライパンで唐揚げ風に仕上げ、ゆでたキャベツといんげんをあえた。タジン鍋の鍋から食べる方式でソースを麺にからめながら温めてみた。麺を油通ししないこともあり、あっさりした味に仕上がった。「ヨコイのソース」はアマゾンでも買える。

あんかけスパゲティ4その週末の晩、再び名古屋駅地下街であんかけスパを探した。市内の普通の喫茶店がねらい目だ。名古屋によくある感じの喫茶店。メニューをみると朝10時半まですべての飲み物にトーストとゆで卵がつくとある。食べたのはきのことほうれん草のあんかけソーススパゲッティ。しめじとあんかけソースの相性がよく、少し油がきつめだが味は悪くない。三人のおばちゃんたちが食事を終えて向こうでがははと大声でおしゃべりしてる。ひとりで座ってるおじちゃんは店内に響き渡る音たててスパゲッティをすすっている。トヨタがあるせいかちょっと見栄っ張りに見えていた名古屋。でもそのおひざ元にある気取らない文化とは楽につきあえる。あんかけスパはそんな名古屋の無理してない味のひとつだ。

————————————————————————————————————————

シリーズ「晩ごはん、なあに?」は、WANの運営ボランティアに集う人々によるリレーエッセイです。
食べることは生きること。
さまざまな人たちがWANの理念に賛同し、実際にサイト運営に関わっていることを、皆さんに知っていただければと思っています。

シリーズ「晩ごはん、なあに?」は、毎月月末にアップ予定です。
今までの「晩ごはん、なあに?」をまとめて読むには、こちらからどうぞ!








カテゴリー:晩ごはん、なあに?

タグ:くらし・生活 / / 名古屋