お助けWANは、女性のこころと健康、仕事、法律の相談室です。このコーナーの担当者・回答者はいずれも、女性の心と健康、仕事など、暮らしに寄り添ってきた専門家です。どうぞ、安心してご相談ください。一人の悩みは、同じ悩みを抱える女性たちへとつながります。

法律

相談55:証券会社と取引があり、時々、証券会社の女性が訪問してきます

2018.02.07 Wed

証券会社と取引があり、時々証券会社の女性が訪問してきます。先日彼女が私に「Fさんをご存知ですよね。その方も私のお客さんなんですよ。」と何気なく言いました。私とFさんとはそんなに親しい間柄ではありませんが、趣味のサークルで知り合い、夫同志が同じ職場だったこともあって、会えば挨拶をしたり、世間話をしたりします。そんなこともあって証券会社の女性も、私にポロッと言ったと思うのですが、何となく嫌な気分になりました。これって守秘義務違反ではないでしょうか?
(兵庫県 60代)

回答

回答55:養父知美さん(弁護士)

Fさんにとって、「特定の証券会社と取引がある」との情報は個人情報であり、Fさんの意に反して勝手に、第3者であるあなたに話したとしたら、悪気はなかったとしても、広い意味での個人情報の漏えい、プライバシーの侵害となります。営業担当者としてのマナー違反と言えるでしょう。しかし、それが違法とまで言えるか、ましてやFさんからの損害賠償(慰謝料)請求や懲戒処分等の対象までなるかと言ったら、具体的な事情にもよりますが、そこまでには至らないと思われます。
そういう営業担当者であるとしたら、「その証券会社と取引がある」その他のあなたの情報も、Fさんや他の人に話してしまう可能性がありますね。その営業担当者に対してハッキリと、そのような他人の個人情報を聞かされることは不快であること、あなたの個人情報もFさんも含めて第3者に漏らしてはならないことを伝えましょう。にもかかわらず、その営業担当者が、あなたの個人情報を第3者に漏らしたとしたら、その時は、違法性が認められ、損害賠償請求や懲戒の対象にもなる可能性があります。

回答者プロフィール

養父知美

とも法律事務所は、知をもって(法律の専門家としての知識をもって)、友として(あなた自身や家族になりかわることはできないけれど、あなたの力になりたいと願う友人として)、共に(ひとりで頑張らないで、ひとまかせにしないで、一緒に)、問題解決をめざす法律事務所です。

タグ:仕事・雇用 / DV・性暴力・ハラスメント / 非婚・結婚・離婚 / くらし・生活 / 女性政策 / 養父知美

当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
ミニコミ図書館
わいわいWAN
WANについて
会員募集中
WAN基金
WANに寄付する
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 家父長制と近代女性文学;闇を裂く不穏な闘い / 著者:長谷川啓 / 2018-10-30

  • 男同士の絆―イギリス文学とホモソーシャルな欲望― / 著者:イヴ・K・セジウィック ...

  • クローゼットの認識論 ―セクシュアリティの20世紀― 新装版 / 著者:イヴ・コゾフス...

amazon
楽天
bookoff