女の本屋

views

655

小さき者のもつ力 『ユリゴコロ』 沼田まほかる

2011.08.24 Wed

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください. 最初は、単にタイトルに惹かれて手に取った一冊。そして、帯に書かれた、桐野夏生による、「こんな不思議な小説は初めて読んだ」という言葉にも、いやどれどれ、そんな不思議な小説があるの?と。

しかししかし、自分の家族の来歴を、偶然見つけたノートに書かれた恐ろしい物語りから探ろうとする主人公が、最後に見いだすものは?グロテスクなノートに描かれた物語りを主人公と一緒に、はらはらしながら読む仕掛け以上に、多くの評者が指摘する、「幸福」の物語りへと変貌していく本書は、たしかに不思議な読後感を与えずにはいないのだ。久しぶりに、読みはじめたら止まらない、そして涙も止まらない小説だった。(moomin)








カテゴリー:わたしのイチオシ / moomin

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
アーカイブ検索(試験中)
会員募集中
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 私だったかもしれない ある赤軍派女性兵士の25年 / 著者:江刺昭子 / 2022/05/31

  • 私の顔は誰も知らない / 著者:インベカヲリ★ / 2022/05/16

  • 貧困・飢餓をなくす (家族農業が世界を変える) / 著者:関根 佳恵 / 2021/10/07

amazon
楽天