エッセイ

views

1852

日本軍「慰安婦」特集(9): 深山あき歌集Ⅲ『風の音楽―はばたけ九条の心』鈴木裕子編

2014.07.31 Thu

慰安婦特集に寄せて、以下の本の紹介がB-WANに届けられました

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.1924年生まれの著者は、翌25年生まれの元挺対協共同代表の尹貞玉氏と同世代である。著者はあとがきで、<「慰安婦」被害者のために、心身をなげうってご活躍をしておられる尹先生との出会いは、私の八十余年の人生で最高のよろこびと光栄でございました>と述べる。万感が込められたこのことばこそが、この歌集全体の基調をなしている。

編者の鈴木裕子氏は、著者の社会詠について、「深山さんが「ああ『慰安婦』と詠うとき、踏み躙られた人間の尊厳、強いられ続ける苦難苦痛の生活を負わされた女性たちの姿がわたしたちの胸に深く刻みつけらます。が、そのかなたに何らの責めを負うことなく逝った天皇の人間としての不誠実、無責任の姿が字間に強く投影され・・」と解説しているが、尹氏への深い共感は、己が知らずに協力を強いられた天皇制国家に対する心底からの怒りとして発露される。著者の気迫、老いてさらに研ぎ澄まされるそのことばの迫力に、読むものは圧倒される。

≪拉致されて 軍の性奴隷とされし女性(ひと)ら 死にたる兵より惨し その一生(ひとよ)≫

≪「昭和の日」大虐殺は靄(もや)の中 「ヒトラーの日」ドイツにはなし≫

≪戦後識りし強占の歴史 追悔の涙重ねて観る<冬のソナタ>≫

≪<韓流>と熱き民衆も識れ 占領下 日本の惨き朝鮮支配を≫

≪天皇の戦争責任と「慰安婦」は 権力の禁句(タヴー) 不義は戦後も≫

≪天皇の戦争責任も「慰安婦」も 蔽い隠して戦後六十年≫

≪ムッソリーニ殺され ヒトラー自殺し 天皇は擬されぬ「平和天皇」≫

≪天皇制残す根拠を言い給え 何かよきこと民衆(たみ)になせしか≫

≪天皇の戦争責任押しなべて 黙(もだ)すマスメデイアの大き犯罪≫

≪戦争に与(くみ)せしわれら罪業(つみ)ありて 戦わぬ意志<九条>重し≫

この歌集に載せられた一句一句から、読み手は事実を知らされ、そこから思考へといざなわれる。今、多くの人に知ってもらいたいと思う一冊である。(志水紀代子)








カテゴリー:慰安婦特集 / シリーズ

タグ:慰安婦 / 憲法・平和 / / 戦時性暴力 / 軍隊性奴隷制

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
[広告]船橋ウィメンズ鍼灸院
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 心に、光を。 不確実な時代を生き抜く / 著者:ミシェル・オバマ / 2023/09/26

  • ハロー・ガールズ――アメリカ初の女性兵士となった電話交換手たち / 著者:エリザベ...

  • アートとフェミニズムは誰のもの? (光文社新書 1268) / 著者:村上由鶴 / 2023/08/18

amazon
楽天