竹村和子

絞り込み検索を開始する
  • 4.3 つぶやくひとつの声 千田有紀

    41732TR1Z2L

    2012.03.16 Fri

     アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.このリレーエッセイ、声についてのエッセイが続いている。フェミニズムとこの問題についての古典ともいえるものは、ガヤトリ・C・スピヴァクの『サバルタンは語ることができるか』だろう。 声を奪われたサバルタンは、語ることができない――自分の思想がそう読…

    続きを見る

    タグ: / フェミニズム / 竹村和子 / 追悼