緊急の呼びかけ:

WAN基金

views

879

寄付募集!「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会へ★フェミニズムの交差点ファンドより

2014.06.22 Sun

★ 寄付募集は終了しました ★


フェミニズムの交差点ファンド プロジェクト指定寄付、第一号が決定!

 

「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会が申請したプロジェクト

ドキュメンタリー映画『何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち』製作と上映を

認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)は、

プロジェクト指定寄付として選定し、寄付を募集します。

 

フェミニストたちの証言でつづる、ドキュメンタリー映画『何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち』の完成に向けて、

取材と編集が進行中です。映画の完成は、2014年の秋…その日に向けて、あなたも、ご一緒に!

 

現在、認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)は、映画製作のための寄付を募集中!

 

ご寄付の手続きは、下記のとおりです。

■郵便局の場合

振込先

三井住友銀行三鷹支店普通預金口座7333042
「認定特定非営利活動法人 ウィメンズ アクション ネットワーク」

【重要!】お振込の際に、振替用紙に「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会への寄付と明記してください。

記載がない場合には、認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)への寄付として取り扱いいたします。

 

【重要!】お振込後に、事務局あてに「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会への寄付と明記のうえ、ご寄付くださった方のお名前・振込期日・取扱い銀行名・金額・連絡先について、ご一報ください。

お振込後、10日間以内にご連絡がない場合には、認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)への寄付として取り扱いいたします。

フェミニズムの交差点ファンド事務局:メール wankikin2018@wan.or.jp   

 

★認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)は活動の公益性を認められ、認定NPO法人となっています。 認定NPO法人の場合、所得税等の寄付控除(確定申告を行うことによって(寄付した金額―2000円)×0.4という額をその年の納入すべき所得税から控除すること)を受けることができます。 この場合、認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)からの領収書が必要です。くわしくは、下記をご覧ください。

https://www.npo-homepage.go.jp/pdf/chirashi-ura.pdf 内閣府NPOホームページ

 

ドキュメンタリー映画『何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち』については、下記のサイトをご覧ください。

https://feminism-documentary.com/

 

 

「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会が申請したプロジェクト
―ドキュメンタリー映画『何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち』製作と上映は、

戦後のフェミニズム運動で活躍してきた女性たちの生き方とメッセージ、フェミニズム運動の担い手の生き生きとした姿と魅力を、次代の女性たちへ伝えることを目的としています。

完成作品は、「あいち国際女性映画祭」で発表し、

各地の男女共同参画センター・女性センターや女性団体の主催による上映会開催を予定しています。

「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会の呼びかけ人は、

80歳となった元「わいふ」編集長の田中喜美子さん。

監督は、「ユキエ」「折り梅」「レオニー」の 松井久子さんです。

認定特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)も、協力団体となって、

支援の輪を拡げていきます。

 

 

 

カテゴリー:これまでの実績 / 女の活動へ! / 寄付募集 / プロジェクト指定寄付へ! / 寄付 / 助成事業

タグ:女性運動 / 映画 / / フェミニズム / ウーマンリブ / 「何を怖れる」 / F-WAN / フェミニズムの交差点ファンド / 試写会キャンペーン / WAN基金