女の本屋

views

725

東京のディアスポラ! 『ディアスポリス―異邦警察』 すぎむら しんいち

2009.05.30 Sat

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.

 東京にいる密入国者15万人。彼ら異邦人が独自の政府を持った……という設定の物語。政府とはいっても、それはアンダーグラウンドな組織。その組織・異邦都庁に認められ、無事“裏都民”となっても、密入国を日本側から追われることにかわりはない。彼らの多くは、難民認定を受けられず、力を持たない人々である。弱いからこそ“連帯”が必要不可欠となり、その中心に「ユルい」政府が置かれる。主人公の“久保塚”(国籍不明)はそんな政府の中のただ一人の警察官であり、異邦人の間で、異邦人と日本人の間で、起こる問題を手がける。久保塚を中心に物語は進んでいくのだが、彼以外のキャラクターとその描かれ方が魅力的だ。故郷を離れ、不法滞在者となるにいたった理由など、シリアスになりやすいエピソードが、すぎむらのユーモアによって暖かく描かれ、キャラクターの深みがます。所々「ん?」と感じてしまう表現もあるのだが、それを上回る、“したたかな弱き者”への愛情が、この作品のベースになっている。(horry)








カテゴリー:わたしのイチオシ / horry

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
アーカイブ検索(試験中)
会員募集中
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 私だったかもしれない ある赤軍派女性兵士の25年 / 著者:江刺昭子 / 2022/05/31

  • 私の顔は誰も知らない / 著者:インベカヲリ★ / 2022/05/16

  • 貧困・飢餓をなくす (家族農業が世界を変える) / 著者:関根 佳恵 / 2021/10/07

amazon
楽天