イベント情報

戻る

北海道

公開シンポジウム:「LGBT」はどうつながってきたのか?

イベントURL: http://caep-hu.sakura.ne.jp/event/index.html#sympo2018
主催者: 北海道大学大学院文学研究科 応用倫理・応用哲学研究教育センター
主催者URL; http://caep-hu.sakura.ne.jp/
開始日時: 2018年10月08日 (月) 13時30分
終了日時: 2018年10月08日 (月) 17時00分
会場: 北海道大学 文系共同講義棟(軍艦講堂)2階 8番教室
会場URL:
連絡先: 北海道大学大学院文学研究科 応用倫理・応用哲学研究教育センター caep@let.hokudai.ac.jp
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: 「LGBT」の多様な「つながり」の歴史と可能性について議論するシンポジウムを、さっぽろレインボープライド(LGBTパレード)の翌日に、広く一般市民・学生・研究者を対象として開催します。
本シンポジウムは、「LGBT」のつながりの歴史を振り返った上で、今後の展望を議論することを目指すものです。ここで言う「つながり」とは、セクシュアル・マイノリティの権利運動を当然視野に収めながらも、それにとどまらない多様なつながりを含み込むものとして捉えています。そうした「つながり」(と分断)はどのような変遷を辿ってきたのでしょうか、その背後には何がはたらいてきたのでしょうか。各分野の活動や研究をリードしてきた方々の講演を出発点として、率直な意見交換をする場にしたいと考えています。
当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
ミニコミ図書館
WANについて
会員募集中
WAN基金
WANに寄付する
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 大工の明良、憲法を読む: 土台と大黒柱が肝心! / 著者:明良 佐藤 / 2018-10-08

  • 介護する息子たち: 男性性の死角とケアのジェンダー分析 / 著者:平山 亮 / 2017-0...

  • 生きづらいでしたか?: 私の苦労と付き合う当事者研究入門 / 著者:細川 貂々 / 201...

amazon
楽天
bookoff