イベント情報

戻る

東京

「えらかったね卒業式〜praise the brave〜」

イベントURL: https://www.praisethebrave.com/erakattane-ceremony
主催者: Praise the brave」(プレイズ・ザ・ブレイブ)
主催者URL; https://www.praisethebrave.com/
開始日時: 2019年03月17日 (日) 12時00分
終了日時: 2019年03月17日 (日) 18時30分
会場: レンタルカフェ【Livingood】 東京都杉並区高円寺北2-36-10
会場URL: http://livingood-cafe.net/
連絡先: praise.the.brave@gmail.com
登録団体: Praise the brave
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: Praise the braveでは、性暴力・DV被害当事者の代表を中心に被害当事者にむけて「カミングアウトや、加害者糾弾を伴わなくとも/できなくとも」克服ができるような、新しいアプローチを提案しています。
そして、2019年の卒業の季節、春。性暴力・DV被害者の『生き延びている力』をねぎらうリアルな私たちが楽しめるイベントを開催します。

◆ 時代と、私たちとの距離を 「0距離」にする。
2017年。日本に「 #metoo 」がやってきて、あちこちで「集会」や「パレード」などの催しが活発におこなわれました。
「おいで!」「集まろう!」「つどおう!」「みんなで!」…たくさんの声が聞こえました。素晴らしい。でも「私たち」が辿り着くにはちょっとむずかしい…

だって、リアルな私たちは、この世界を生き抜くために力の限り武装しているのです。
その姿は、一見キラキラしているかも、強そうで派手かも、姿は見せずPC画面の向こう側にいるかも。
そんな私たちがそんな所にいったら…

・周囲に不自然に映るかも/被害者だってバレるかも
・行っても、悪目立ちしそう
・人とか関わるのが怖い。「手を取り合って!ご一緒に!」的な雰囲気だったら困る

だから、リアルな私たちが安心していけるイベントをとことん追求してみることにしました!
ます、イベントへの参加が「=被害のカミングアウト」のようにならないように、当事者でも当事者でなくとも『つい来ちゃいたくなる』ように、力の限りオシャレに!して、自由参加・出入り自由のオープン・フェス型イベントにします!
ラフに楽しんでいただけるように、会場ではたくさんのパターンの過ごし方を提案します!
その中で、私たちの提案するしゃぼん玉をつかったセレモニー【バブル・オフ Bubble off】のデモンストレーションも行います。体験キットは無料でプレゼント!
当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
ミニコミ図書館
WANについて
会員募集中
WAN基金
WANに寄付する
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • みんなの「わがまま」入門 / 著者:富永京子 / 2019-04-30

  • 塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性 (岩波現代文庫) / 著者:藤本 和子 / 2018-...

  • 上野千鶴子のサバイバル語録 (文春文庫) / 著者:上野 千鶴子 / 2019-04-10

amazon
楽天
bookoff