イベント情報

戻る

東京

「女流」は死語になったのか   ~昭和と平成の40年を振り返って~(『〈女流〉放談——昭和を生きた女性作家たち』刊行記念 イルメラ・日地谷=キルシュネライトさん×上野千鶴子さんトークイベント)

イベントURL: http://www.jimbocho-book.jp/691/
主催者: 神保町ブックセンター
主催者URL; http://www.jimbocho-book.jp/
開始日時: 2019年02月26日 (火) 19時00分
終了日時: 2019年02月26日 (火) 21時00分
会場: 神保町ブックセンター
会場URL: http://www.jimbocho-book.jp/access/
連絡先: 神保町ブックセンター (電話:03-6268-9064)
登録団体:
パンフレット:
詳細: 佐多稲子、円地文子、河野多惠子、石牟礼道子、田辺聖子、三枝和子、大庭みな子、戸川昌子、津島佑子、金井美恵子、中山千夏——。

36年前、当時はまだ駆け出しの日本文学研究者だった編者が日本に滞在して女性作家たちに突撃インタビューした記録が、長い年月を経て、初めて一冊の本にまとまりました。

世代も、ジャンルも異なる11人の方々への単独インタビューに加えて、巻末には、昨年行われた、瀬戸内寂聴さんへの特別インタビューも収録されています。解説は、編者と長年の交流のある、詩人・伊藤比呂美さんが執筆。

本書『〈女流〉放談』の刊行を記念して、日独で同じ時代を見つめ続けてきたお二人による記念トークが実現します。

女性作家の方々について、また、「その後」について、あるいは、日独のジェンダー問題の在りようについて——この間に変わったこと/全く変わっていないことなどを縦横に語り合っていただきます。

トーク終了後には、サイン会もあります。
当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
ミニコミ図書館
わいわいWAN
WANについて
会員募集中
WAN基金
WANに寄付する
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 家父長制と近代女性文学;闇を裂く不穏な闘い / 著者:長谷川啓 / 2018-10-30

  • 男同士の絆―イギリス文学とホモソーシャルな欲望― / 著者:イヴ・K・セジウィック ...

  • クローゼットの認識論 ―セクシュアリティの20世紀― 新装版 / 著者:イヴ・コゾフス...

amazon
楽天
bookoff