イベント情報

戻る

東京

東京◇研究例会「雇用と自営のあいだ:生命保険産業における女性営業職の労働と生活」@東洋大学

イベントURL:
主催者:
主催者URL;
開始日時: 2019年03月21日 (木) 14時30分
終了日時: 2019年03月21日 (木) 16時00分
会場: 東洋大学白山キャンパス 1号館6階 1602教室
会場URL:
連絡先: 女性労働問題研究会 murao@toyo.jp
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: 女性労働問題研究会 春の研究例会
「雇用と自営のあいだ:生命保険産業における女性営業職の労働と生活」

【報告者】金井 郁 氏(埼玉大学)

【日時】2019年 3月21日(木・祝)14:30 ~16:00

【会場】東洋大学 白山キャンパス 6号館1階 6102教室

【開催趣旨】
 昨今、プラットフォームビジネスにおける「新しい働き方」が私たちの労働や生活にどのような影響を与えるのかに関心が高まっています。法的な観点からみた労働者性や実態としての「新しい働き方」がどのようなものか、世界ではどのように対応しているのかなど、少しずつ知見が蓄積されてきています。

 しかし、日本では従来、雇用と自営の間のような働き方が存在しています。それは、自営的雇用と呼ばれたり、雇用的自営と呼ばれたりしています。プラットフォームビジネスにおける「新しい働き方」の広がりを考える上でも、こうした日本に従来ある雇用と自営の間のような働き方について理解を深めることも必要だと考えます。また、そうした雇用と自営の間のような働き方と女性であることにどのような影響を与えるのか、女性労働とのつながりを意識して、考えていきたいと思います。

 そこで、今回は生命保険産業における「生保レディ」の働き方や賃金、生活といったことを事例に雇用と自営の間のような働き方とジェンダーの結びつきについて研究してきた金井郁さんをお招きして、皆さんと一緒に議論をしていきたいと思います。

【参加費】会員無料、非会員500円(資料代)

【問い合わせ】 女性労働問題研究会 村尾 murao@toyo.jp

★当日は、本会の会誌『女性労働研究』63号(最新号)を販売予定です。
この号の副題は「#MeTooの先へ:ジェンダー権力に亀裂を入れる」で、2018年9月の女性労働セミナー「働く場のセクハラ」での各報告や2018年問題と女性労働に関する論考などの特集記事はもちろん、性差別に関するトピックスや裁判に関する記事、書評等々、充実した内容となっております。ぜひお手にとっていただければと存じます。
当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
ミニコミ図書館
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
WAN基金
WANに寄付する
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 大人の問題提起シリーズ さけび(1) (KC KISS) / 著者:ももち 麗子 / 2019-01-11

  • 大人の問題提起シリーズ さけび(2) (KC KISS) / 著者:ももち 麗子 / 2019-07-12

  • Voice 平和をつなぐ女たちの証言 (安保問題) / 著者:安保法制違憲訴訟女の会 / 20...

amazon
楽天
bookoff