わいわいWAN

育児の大変さ

作成日:2016-01-29 23:24:00

umechosu


先日、第一子となる女の子を出産しました。

妊娠→出産→育児と経験してみて、改めて自分の両親に感謝すると共に、大変さを本当に痛感しています。

妊娠中も大変なことばかりでしたが、出産の痛みもこの世のものとは思えない痛み!!
こんな思いを世の母が皆してるんだと思うと、そんな母から産まれた世の男性たちはもっと女性を敬ってくれ!と、心から感じます。

今は仕事は育休中で、育児におわれる毎日ですが、お産後で身体がボロボロな中でも、ろくに寝れない日々が続き、子育ての大変さを身を持って感じています。

なかなかリフレッシュが難しいなと思いますが、皆さんはどんな風にリフレッシュしていますか?
私は好きなものを食べたり、好きな本を読んだり・・

ただ、やっぱり我が子は本当にかわいくて、自分の命をかけてでも絶対に守りたいと思うくらい、愛おしいですね。
この子のためなら何だって頑張れそうです!!

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 〈ひと〉から問うジェンダーの世界史 第1巻 「ひと」とはだれか?-身体・セクシ...

  • 「ひと」から問うジェンダーの世界史 第2巻 「社会」はどう作られるか?—家...

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

amazon
楽天