わいわいWAN

フラワーデモ 8.11 東京

作成日:2019-08-12 00:15:58

被害者たちの話を聞いているだけで激しい怒りを覚える。

加害者だけでなく無神経な対応の司法関係者にも。

被害者が女性の場合弁護士や捜査官をすべて女性に
したらどうか。

悲惨な体験なのに性暴力のない未来のため泣きながら証言してくれた被害者たちに感謝。

マスコミ関係者は撮影禁止領域にいる人々にカメラを向けないように。

  • フラワーデモ、2020年3月で終了予定なんですね。

    作成日:2020-02-12 14:15:52

    ふみふみ

    フラワーデモに初めて参加するときはとても緊張したことを覚えています。
    皆さんのつらい心のうちを聞かせていただくうちに、これはマイクを持ち話してくれている方だけの問題ではない、私たちみんなの問題、この社会の問題なのだと気付きました。
    2020年3月の最終フラワーデモは全国全ての都道府県で開催されることに期待しています。全ての方の傷の痛みが和らぐ場、声に出して良いのだと安心できる場をフラワーデモでつくってくださった全ての方に感謝しています。

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 〈ひと〉から問うジェンダーの世界史 第1巻 「ひと」とはだれか?-身体・セクシ...

  • 「ひと」から問うジェンダーの世界史 第2巻 「社会」はどう作られるか?—家...

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

amazon
楽天