わいわいWAN

一人大黒柱の男性社員sが多様な人たちを働きにくくしている

作成日:2019-12-21 22:18:24

わが社はたった4人の小さな事務所です。既婚息子ありの私(女性)、独身男性Aと2人の既婚子あり一人大黒柱の男性B&Cの4人です。私は毎日オンタイムで帰宅。月に1時間残業したら自分でもびっくりする程です。独身男性Aさんは本当はオンタイムで帰宅したいけど、先輩Bさんが残業するのでしかたなく付き合っています。

来年の4月から中小企業でも法定残業時間の適用が始まるため、特に残業時間が多い(年550-650時間)のBさんの残業時間をどうするかで、当社代表のCとで話し合いをしましたが、Cの主張が私には全く理解ができないのです。

Bさんの年収は約850万円+残業代200万円で合計1050万円なのですが、代表のCは、「Bさんは去年家を買ったばかりでローンがあるから」「子供が3人いるから」「奥さん働いていないから」今の年収1050万円をなんとか減らさない方法はないか、というのです。

1)そもそも今の年収を構成しているうち、残業代200万円は違法な時間の残業を行って得ている金額であり、その残業時間を適正にしようというのに、同じ年収をキープできるわけがない。
2)流動的な残業代を前提にローンを組んだり生活費を計画するのはおかしい。
3)給与を決めるのはその人のパフォーマンスであって、個人の事情(持ち家か否か、ローンがあるか、子供が何人いるか、配偶者が働いているか否か)といった主観的な要素を考慮するべきではない。パフォーマンスは同じなのに、一人大黒柱の人の方が共働きより給与を多く支給するのですか?パフォーマンスは同じなのに、独身より既婚子持の給与が多くなるのですか?とても不公平です。

そもそも、私やAさんは残業を好みませんが、BさんCさんは残業を厭いません。なぜか、と考えたとき、あぁ、この2人には会社以外の役割がないんだわ、と思いました。家庭での役割、自治会での役割、NPOでの役割。働いていても1人で複数の役割を持っている人は、役割の1つにしか過ぎない会社で、好きなだけ残業しようなんて思いません。

今後、少しづつ従業員を増やす予定ですが、こんな高度成長期のような考えの人が代表や先輩だと、雇用できる人が限定されます。

本来、生き方も多様で、家族の形も、個人の考え、抱えている問題も多様です。一生独身の人にも会社以外の世界を大事にする人もいるでしょう。父子家庭、母子家庭もいるでしょう。一人大黒柱でも、家庭の役割やNPOの活動などを兼務している人もいるでしょう。共働きもいるでしょう。がんサバイバーもいるでしょう。

しかし、今の当社で働くことができるのは、既婚で配偶者が家事も育児もしてくれるので仕事に専念できる、どれだけでも時間をかけられる人だけです。

BさんとCさんの配偶者に是非お願いして、家庭での役割を与えるようお願いしたいところですが、そうするときっと、「うちの夫の家庭での役割は、働いて稼いでくることです」と言われそうです。。


コメントはありません。

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

amazon
楽天