views

646

「やより賞」のご推薦をお願いします

2011.07.26 Tue

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今年の『やより賞』──締切(8月25日)まで1ヶ月となりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な社会貢献の現場で、真摯に活動する草の根の女性をご存知の方、ぜひ、積極的なご推薦(やよりジャーナリスト賞は自薦も可です)をお願いします!

所定の様式による応募フォーム(やより賞・英文/やよりジャーナリスト賞・日本文)にて推薦書類をご提出ください。

推薦応募用紙はこちらからダウンロードできます:
やより賞 http://www.wfphr.org/yayori/award/yayori.html
やよりジャーナリスト賞 http://www.wfphr.org/yayori/award/journalist.html
───────────────────────────────────

 第7回 女性人権活動奨励賞(やより賞)2011募集要項

※女性人権活動奨励賞(やより賞)には、「やより賞」と「やよりジャーナリスト賞」があります。

●やより賞
21世紀を戦争と性差別のない世紀にするために、社会的弱者とされている人たちとともに、広くアジア地域を中心に草の根で活動を続ける、勇気と責任感のある女性アクティビスト、ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやより賞の対象です。やより賞は、これからの活躍を期待して、特に若い世代に注目します。
他薦を要件とします。推薦された方々から1名(または1団体)が選ばれ、奨励賞と奨励金50万円が贈られます。
(対象者・グループが東京で行われる贈呈式に出席するための、渡航費および滞在費は、原則として女たちの戦争と平和人権基金が負担します)

●やよりジャーナリスト賞
日本を含む世界の女性たちが置かれている状況に光を当て、性差別や不平等をなくすための活動を、ジェンダーの視点に立って生き生きと発信する女性ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやよりジャーナリスト賞の対象です。日本語圏に向けて積極的に発信していく意志を条件とし、言語表現は日本語のみを対象とします。高い評価が確立している実績よりも、今後の活躍の可能性に強く注目します。
映像、著作・印刷物等、表現ジャンルは問いませんが、実績作品を提出していただきます。
1名または複数名が選ばれ、奨励賞と奨励金総額50万円が贈られます。

・推薦締め切り 8月25日 
・選考結果発表 10月17日 
・贈呈式・記念シンポジウム 12月3日

───────────────────────────────────
NPO法人女たちの戦争と平和人権基金 女性人権活動奨励事業事務局 
150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ211
アジア女性資料センター内
Tel 03-3780-5245 Fax 03-3463-9752
Email: info-award@ajwrc.org
───────────────────────────────────

タグ:メディア / マスコミ / 人権