女の本屋

views

555

風を切って走ろう、美味いビールのために 『マラソン1年生』 たかぎなおこ

2011.09.19 Mon

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.
マラソンなんて、見るのはいいけど実際にやるのは、とても無理。そう思ってませんか?私もそうだったんですが、これを読むと考えが変わります。

ヘタウマコミックエッセイ『ひとりぐらし』シリーズ
で女子の生態を楽しく描いた、運動オンチの作者が、ふと思い立って、マラソンに挑戦。なんと一年もたたないうちに、ホノルルマラソンを完走します。その一年の、ウォーキングから始まって5キロ、10キロと、徐々に距離を伸ばしていく様子が、リアルながら相変わらずのヘタウマで面白おかしく描かれます。

c

走り終えた後のビールの美味さのために走っていると言っても過言ではない、著者に100%共感。本にならって、さっそく私も、着替えが置いておけるロッカーや銭湯、美味しい店も近い練習コース探しを始めてしまいました。ホノルルマラソンもいいけれど、給水所にワインが置いてあるというウワサの、アンビリーバブルなボルドーマラソンが私の目標です!

ところでyukiさん紹介の『山登りはじめました』といい、今、女子にはがっつりアウトドアブームなのかな?

学校の「体育」では味わえなかった、自分のペースで身体を動かす楽しさが拡がるのはとってもいいことですね!

(eureka)








カテゴリー:わたしのイチオシ / eureka

タグ:マラソン