アクション

views

538

NPO法人参画プラネット☆企画力アップ講座「あなたの企画を実現しよう」

2011.06.02 Thu

4月16日(土)、17日(日)企画力アップ講座「あなたの企画を実現しよう」を開催しました。
現役コピーライターの上鵜瀬孝志さんをお招きし、企画とは何か、企画を考え実施するまでのプロセス、最後は企画発表…内容の濃い充実した2日間が始まりました。

4月16日(土)の午前、企画する目的(なぜ、この講座に参加したのか?)について受講生から聞き出し、企画の案を探すことからスタートしました。
次にその案を実現するための問題、企画を達成するとどんなメリットがあるのかを書き出し、企画で実現したいことを明確にしていきます。

午後の時間は、は創造力を養うために、「現在、これが存在していることに驚く」、「存在していないことに驚く」など日常で驚くことを発表。
上鵜瀬さんからは、「日頃から、どうしてだろう?、何故なんだろう?と疑問をもつことが大切」とアドバイスがあり、受講生の方々のなかにはすぐに実行された方もいらっしゃったようです。
4月17日(日)、午前中は、プレゼンテーション力を養うためには、そして、企画力アップのためには、「時代性を理解する必要がある」というお話を中心に進みました。
そして、午後の発表に向けて、企画の作成へ。前日、16日(土)の午前に書いた企画案をワークシートに落とし込んでいき、発表できる形にまとめる作業に入りました。
午後すぐの発表となるため、お昼ごはんを食べながら必死に企画書を作成する受講者の姿が多数見られました。

休憩が終わり、いよいよ企画の発表!
自己紹介をし、全員の前で、3分から5分ほどでプレゼンテーションします。
「表情や姿勢、ジェスチャーも大事なプレゼンテーションの要素です」との上鵜瀬さんからのアドバイス。受講生は、ゆっくりした口調で話しかける、問いかけをしてみる、身振りを入れる…など工夫しながら意識してプレゼンテーションをしていました。
同時に、受講者同士が他の人のプレゼンテーションを聞いて、「良かった点」を付箋に書き発表者にプレゼントすることもしました。

2日間、合計8時間!
密度の濃い内容時間でした。
どの受講者も上鵜瀬さんの言葉を必死にメモし、真剣なまなざしで受講している姿が印象的でした。
そして、休憩時間には受講生同士で話しこんでいる姿もあり、「企画力」をはじめたくさんの「力」を得た受講生たち。「これから」に期待が高まっています。
追記:名古屋市男女平等参画推進センターの講座では、
「ジェンダーかるた」を活用して、講座を進めています。

今回の講座では…。

★座席の決定のとき
受講者の方々が入室したときに、まずは読み札をとり、
その読み札と対応する絵札が置いてある場所に着席しました。
講座開催日ごとに、座席を、かるたで決定!
おとなりの方とのコミュニケーションから、
講座をとおして、新しいつながりが生まれています。

★プレゼンのとき
講座のなかで、ご自身の企画をプレゼンする時間がありました。
そのとき、上鵜瀬先生からの提案がありました。
「プレゼンの順番も、かるたで決めましょう!」とのこと。
かるたの並び順で、順番を決めました。
そして、プレゼンのときには、かるたの読み札を読んでから、プレゼンへ。
「夫らが挨拶かわすゴミ曜日」「三十路でも女の子とよぶ会社用語」…こうした読み札を読むと、プレゼン前の緊張が、なぜか、ほぐれていったようです。

カテゴリー:参画プラネット

タグ:エンパワーメント