女の本屋

views

1195

ジェンダー史を、みんなのものに!『歴史教育とジェンダー 教科書からサブカルチャーまで』長野ひろ子/姫岡とし子編

2012.02.09 Thu

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.

「学生時代は歴史が苦手だった」という人にも、歴史の専門家にも、同時に薦められるジェンダー史の本は少ないけれど、この本なら、どちらのタイプの人でも興味深く読めるにちがいない。

論文集形式で、扱われるテーマの幅は広いけれど、全体としては一本筋が通っている。

少女マンガの歴史ものやミュージアムの展示など、親しみやすいテーマについても論じられているので取っ付きやすく、他方で日本軍「慰安婦」問題や奴隷貿易など、深刻なテーマについても、重要な指摘がなされている。

科学史教育も俎上にのぼり、理系の人々にとっても人ごとではない。本書の中心的な部分は高校の歴史教科書の分析で、丁寧にわかりやすく歴史教科書の問題点が指摘されている。歴史教育をジェンダーの視点からみれば、まだまだ問題だらけだということが、よくわかる本。(yoko)

関連する記事

著者・編集者からの紹介








カテゴリー:わたしのイチオシ / yoko

タグ:慰安婦 / 憲法・平和 / 子育て・教育 / / ジェンダー研究