WANの歴史

それは「女の本屋」から始まった!
日本で初めての女の本の専門店、松香堂書店を京都でオープンしたのは、1982年のことでした。この時から「ウイメンズブックス」を発行して、フェミニストブックの情報や、女性グループが出していたミニコミ誌を紹介してきました。また『からだ私たち自身』の日本語版や、資料日本ウーマンリブ史』なども刊行しましたが、これらは女性のネットワークの力があって、はじめてできたことです(詳しくは『女の本屋の物語で)。

その後、松香堂は、大阪府男女共同参画センター(ドーンセンター)内に移転、後継者に恵まれ、「ブックストアゆう」として、順調に次世代に受け継がれました。ところが、大阪府の方針により、撤退を余儀なくされることになったのです。そこで、「女の本屋をなくしたくない」という強い思いを抱いた女性たちが集まり、継続する方法をめぐってあれこれ思案しました。

急速にIT時代へと変化しているときで、webの世界では、既に様々な情報が氾濫していましたが、女の情報発信はいかにも少ない状況でした。WEB世界がますます大きく拡がっていくことを視野に、女の本の情報を含めた、さまざまな女性情報をwebサイトで発信していこうということになりました。

NPO法人WAN(ウィメンズ・アクション・ネットワーク)と女性情報サイトWANの誕生

サイト運営の主体として、特定非営利活動法人ウィメンズ・アクション・ネットワークが正式に認証されたのが2009年5月19日。同年5月31日に、法人の設立総会と、記念の設立のつどい「ウエブがつなぐ女たち」も開催しました。

WANのサイトもこの日、同時に発足し、設立の集いに参加された皆様に初めて画面が紹介されました。全てが、多くの方々の物心両面にわたるサポートに支えられての出発でした。

サイトはその後、リニューアルを重ねて現在の姿になり、日々、情報発信を続けています。また、2013年2月には「認定」特定非営利活動法人格を取得し、京都事務所に加えて、東京事務所・名古オフイスもスタートしました。おかげで全国にまた世界にWANサイトの読者は拡がっています。定款はこちらから。
(中西豊子 2013年8月記)