2016年6月1日 策定 同年10月1日改定  2017年1月18日改定  2018年2月26日改定
一人ひとりの大切な寄付金を、女たちの活動支援のために生かします。

1 目的   
全国各地で活躍する女たちの活動を資金面から支援します。
応援したい人と、資金を必要とする人(団体)とを、WANがつなぎます。
活動の成果を女たちが共有できるよう、WANを通じて発信します。

2 助成対象
認定特定非営利活動法人ウィメンズ アクション ネットワーク (WAN)の趣旨・目的に合った活動、あるいは、ジェンダー平等の社会の実現のための女(たち)の事業・活動に対して助成します。

3 交付の要件
① WANの正会員であること。
ア 団体である場合、法人格は問いませんが、代表者もしくは代表者に準じる者が正会員であること。認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)の目的・活動に賛同し、ユーザー登録および団体登録をしている団体であること。
イ グループ(実行委員会等)の場合は、代表者もしくはそれに準ずる者が正会員であること。
ウ 申請者が個人の場合は、申請者本人がWANの正会員であること。
② 活動の報告・成果等をWANのウェブサイトで公開が可能であること。
③ 政党、政治団体(候補者等を含む)、宗教団体、自治体、自治体の外郭団体、公益法人、認定NPO法人、営利目的の企業・団体・個人、大学等の教育機関の応募は不可とします。

4 助成額・助成対象経費
① 1件あたり、上限を20万円とします。 同一期の重複助成はできません。
② 助成対象経費の基本的な考え方として、「活動・事業の実質の経費」の範囲・限度とします。
したがって、助成対象経費は原則として、「事業の実施」に直接的に関係があり、かつ必要な経費のみとします。
③ 助成額は、助成対象経費の10分の10以内とします。
④ 申請額の全額ではなく、一部の助成とすることがあります。

5 助成の方法
① 助成金は、事業を実施した後に、収支計画書に基づいて費用を清算して支払います(後払い)。
② 助成額の上限はそれぞれの費目の交付決定額までとします。費目を変更しての流用はできませんのでご注意ください。
③ 関連法令およびWANの定款、旅費交通費規定、運営要領等に準じて助成します。

6 応募方法
① 9月1日および3月1日を締切日とし、締切日の翌日から次の締切日までを応募期間とします。
② 同様の事業での複数回の応募も可能とします。 ただし、継続の場合は、前回の助成事業および報告書の提出が終了していることが必要です。
③ 以下のWAN基金助成金交付申請書等を、WAN基金運営委員会事務局宛てに、締切日までにメールで提出してください。
書式は、WANウェブサイトよりダウンロードしてください。


・ WAN基金助成金交付申請書
⑴ WAN基金助成金事業計画書
⑵ WAN基金助成金収支計画書
⑶ 申請団体の概要(団体・グループ)、個人のプロフィール
※ 団体の場合は、定款または規約、事業実施年度の全体の事業計画書及び予算書を添付してください。グループ(実行委員会等)の場合は、規約(目的・合意事項)および構成団体、メンバーがわかる名簿を添付してください。

7 選考方法

① 書類選考とします。
② 書類審査を通過した申請者には、直接ヒアリングをすることがあります。
③ 選考は、WAN基金運営委員会が行います。
④ 公的支援等を受けにくい財政規模の小さい団体を優先します。
⑤ 他団体から助成金等を得ている事業には、原則として、助成しません。他から助成金等を予定している場合は申請書に明記してください。WAN基金交付決定後に、他から助成金等を得た場合にも、必ず申告してください。
⑥ 「交付の条件」を付しての助成とすることがあります。

なお、審査の経過及び合否の理由等についてのお問合せには、原則として応じられませんので、ご了承ください。

8 決定の通知
① 申請者には、締切日から2ヶ月以内に、合否の決定と助成額を通知します。
通知は、電子メールにてお送りします。
② 助成決定の通知を受け取った申請者は、通知日より2週間以内にメールで、受諾または辞退のいずれかを通知してください。

9 助成金の交付
① 助成金は、事業終了後に、助成決定額の範囲内で、実際に支出された実額を支払います。
② 事業終了後2ヶ月以内に、事業報告書に助成対象経費の領収書(原本)を添えて、「助成金請求書」を提出してください。
  領収書については、「領収書の規定」をご参照ください。
③ 助成金請求書の送付を受けた日より2週間以内に、請求書記載の口座に、助成金を送金します。

10 仮払いの申請
① やむを得ない事情がある場合、助成金の仮払いを申請することができます。
➁ 仮払いの必要が生じた場合は速やかに、仮払いを必要とする経費の費目、金額および支払先、必要とする理由を明記した「仮払金申請書」を提出してください。
書式は、WANウェブサイトよりダウンロードしてください。
③ 仮払いの申請を受けた日から1月以内に、仮払いの可否をメールで通知します。支払を可とした場合は、決定の通知を電子メールにてお送りします。
④ 申請額の全額ではなく、一部の仮払いとすることがあります。
⑤ 仮払金は、決定の日から2週間以内に、「仮払金請求書」記載の口座に送金します。

11 変更の申請
① 予定外の支出が発生し支出が助成金交付決定額を上回る場合、または支出が不要になった場合、増額または減額の申請をすることができます。ただし、助成金総額は上限の20万円を超えることはできません。
② 上記①の場合は速やかに、経費を変更する費目、金額および支払先、増額または減額の理由、増減額等を明記した「WAN助成金変更申請書」および「(変更)WAN基金助成金収支計画書」を提出してください。
書式は、WANウェブサイトよりダウンロードしてください。
③ 変更の申請を受けた日から1月以内に、支払の可否をメールで通知します。支払を可とした場合は、決定の通知を電子メールにてお送りします。
④ 増額の場合は、申請額の全額ではなく一部のみの増額とすることがあります。
⑤ 助成事業の内容を大幅に変更する場合についても、速やかに変更を届出てください。

12 延長の申請
① やむを得ない事情がある場合に限り、事業期間の延長を求めることができます。
② 申請書に記載した事業期間内に、延長を必要とする理由、延長を求める期間を記載した「WAN助成金延長申請書」およびその時点までの事業実施状況がわかる「中間報告書」を提出してください。
③ 延長の可否はメールで通知します。


13 事業の実施と報告等の義務
① 原則として、交付決定日から1年以内に、助成事業を終了し報告書を提出してください。
② 助成事業を中止する場合は、すみやかに中止を届出てください。
③ 助成事業が終了したら、事業終了の日から2か月以内に、下記の書類を、WAN基金運営委員会事務局宛てにメールで提出してください。 書式は、WANウェブサイトよりダウンロードしてください。  

・ WAN基金助成金事業報告書
 ⑴ WAN基金助成金事業実施報告書 
 ⑵ WAN基金助成金収支報告書
※「事業終了の日」とは、事業実施期間の終了日ではなく、事業自体の終了の日のことです。


④ 助成事業の成果を、事業完了後2か月以内をめどに、WANウェブサイト上に発表してください。 動画、写真、文章等、成果発表の方法は問いません。
⑤ 助成事業に関するチラシ、プログラム、冊子、ウェブサイトには、「WAN基金から助成を受けた事業」である旨を明記してください。
 
  14  助成決定の取消、助成金の清算、返金
① 助成事業が助成対象事業に該当しないことが判明した場合、申請書等への虚偽の記載が明らかとなった場合、法令違反が認められた場合、その他、申請者に著しい背信行為が認められた場合、助成決定を取消します。
② 助成決定の取り消しは、WAN基金運営委員会が決し、申請者に対しメールにて通知します。
③ 仮払いを行っていた場合は、仮払金の返還を求めます。
  助成金支払後の場合は、助成金の返還を求めます。

15 WAN基金運営委員会
① WAN基金運営委員会は、下記の者によって構成します。  
  委員長  養父知美  (WAN理事 弁護士)  
  委 員  伊田久美子 (WAN副理事長)
  委 員  上野千鶴子 (WAN理事長)
     委 員  寺町みどり (WAN理事)
  委 員  古久保さくら(WAN理事)
  委 員  米田禮子
  委 員  和田享子  (WAN理事) 

② WAN基金運営委員会 事務局・メールアドレス wankikin2018@wan.or.jp
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
WAN助成金交付要綱について、不明の点は、事務局までお問い合わせください。
申請書のワードデータが必要な場合には、事務局あてにご連絡ください。

メールアドレス  wankikin2018@wan.or.jp

★申請書等の具体的な記入方法は、次ページからの申請書等の記入要領をお読みください。
                                     以  上
WAN基金助成金 申請書等の記入要領(2018.7.10)はこちらからどうぞ。