女の本屋

views

1168

たしかに、そのとおり 『女はポルノを読む』 守如子

2010.05.05 Wed

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.

女性にとって性欲ほど、語りにくいモノはない。自分の性欲やファンタジーについて、一人っきりで考えても、なんだか落ち着かなくなる人も多いのでは、と思う。ましてや、ポルノグラフィについては、フェミニスト内でも議論百出。ポルノを批判しようが、擁護しようが、日本社会での女性性の客体化や貶めのことを思うと、ポルノ的表現がいたるところに存在していることは、意識の遠くに放っておきたい、とも。本書は、ポルノ批判からポルノ分析へと、議論の対象を移動させながら、女性たちが手にするポルノグラフィの成立と現状を論じている。興味深かったのは、「レディースコミック=過激な性表現=ポルノ」というイメージが、男性雑誌の過剰な扱いによって、現実に先行してできあがった、という事実。よほど、女性とポルノの組み合わせが、男性にとっての恐怖となったようだ。

本書のタイトル、筆者も意識されたのであろう。女性はポルノを「見る」ではなくて、「読む」のだ。そのあたり、ぜひ本書をじっくり読んでほしい。きっと、「たしかにそうだよね」、と思われるはず(moomin)








カテゴリー:わたしのイチオシ / moomin

タグ:セクシュアリティ / ポルノグラフィ