アートの窓

views

1227

疾走する美術家・田部光子の世界展 part3

2014.05.23 Fri

九州の美術家たちが、1957年「反芸術」「反東京」を旗印に前衛美術運動を行うために結集した「九州派」の旗揚げに参画して以来、約55年間、現代美術の第一線で活躍してきた田部光子さんの展覧会。
2005年、栃木県立美術館で開催された「前衛の女性1950-1975」展では、具体美術の田中敦子、山崎つる子、九州派の田部光子たちの作品は、そのパワフルな表現とともに、創作活動を続けてきた継続する力に対して、戦後の多くの男性前衛作家たちの活動をしのぐと評された。大阪では、前回の個展が好評だったのに引き続き3回目の開催。>>>

◯ 会期:2014年 5月23日(金)- 6月1日(日)11時~19時
月曜休み 日曜日は17時まで
◯ 会場:ワイアートギャラリー >>>
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1階

00tabeomote

(artemisk)

カテゴリー:おすすめ情報

タグ:アート / フェミニズム / Feminism / ジェンダー / 田部光子 / 前衛 / 九州派 / 反芸術 / 栃木県立美術館