新しい家庭科we 2巻8号

発行団体: ウイ書房
カテゴリ: 女性問題・フェミニズム / 仕事・労働 / 家族 / からだ・健康 / 高齢社会 / 福祉 / セクシュアリティ / 人権 / 地域 / 学校・教育・研修 / 子ども / くらし・環境
発行年月日: 1983/10
タグ:
概要: 〈巻頭言〉着る  永畑 道子
*着るということ*
  着るくらしと文化  山本 松代
  一九三〇年代・女の制服二題  むらき数子
  “お仕着せ”ということ  萩生田佳寿子
  服装と自由  中嶋 里美
  家庭一般で被服をどう扱うか 見直そう! 被服製作・教材—私たちの実践交流から  福留美奈子、近
江 真理
  男子に「被服」の指導はできないのか?  佐藤美枝子
*新しい家庭科を創るために*
  小学校では  早くも卒業製作  福田三津夫
  中学校では  男女共学の食物学習「米の学習」  大森 嘉子
  高等学校では  手作りをいとおしむ心を育てる被服学習  入江 一恵、西本 和代、町田 道子
  大学では  卒業論文の指導で教材づくりを試みて  中屋 紀子
*発言*
  学習の主人公たち  制服—あったほうがいい・ないほうがいい  埼玉県立所沢高校、飯能高校
  教師として  〈先生も 制服を着よう!?〉 なぜ、いま教師に制服か  粟飯原留里子
        横浜の被服貸与  鈴木 正美
  親として  子どもに“かけこみ寺”が必要ではないか  門野 晴子
  市民として  赤い羽根  大仏 レア
*連載*
  野の花をたずねて  つるぼ  大室 君子
  視点      命令ではなく要求を、否定ではなく批判を 長谷川 孝
  霞通信     氷雨とヴイヴアルディ  武田 秀夫
  ねえ、きいて  早く親から自由になりたいなあ  宮  淑子
つがるいろはがるた  わわるいずのぁ おげやばり  藤田 健次
銀輪のうた   ヘルパー戦争(下)  栗原 実抄
Weの読書室  リハビリテーション  横山 雅子
団地の風景  ゆりかごからはかばまで  遠藤 和枝
わたしのシネマガイド  『鉛の時代』  半田たつ子
テレビ残像  女子学生の明日  野村 康子
波  山田修先生—おしきせとは無縁の世界に生きる—  半田たつ子 
ひと  アンケート結果の報告
Weになんでも言おう なんでも聞こう  わたくしからあなたに  Weの読者会だより
あんてな  十字路  We EDITOR’S NOTE
ファイルサイズ: -
  • ※NWEC運営の外部サイトが開きます

関連するミニコミ