女性学ジャーナル

< 女性学ジャーナルトップへ戻る
  • 若い女性のフェミニズム離れをどう読み解くか

    2019/05/09

    • リサーチ

    著者名:高橋 幸

    1983年生まれ。2008年東京大学大学院総合文化研究科で修士号を取得、2014年同博士課程単位取得退学。現在は、武蔵大学(他)で非常勤講師を務めながら、博士論文を執筆している。専門は、ゲオルク・ジンメルを中心とする社会学理論、ジェンダー理論。

    若い女性のフェミニズム離れをどう読み解くか

    論文概要:

    1980年代のフェミニズムバックラッシュ以後の英米では、フェミニズムから距離を取る若い女性(以下、ポスト・フェミニストと呼ぶ)の調査研究が進められてきた。ジェンダー平等を望ましいと考える点で第二波フェミニストとポスト・フェミニストは共通するが、ポスト・フェミニストは、ジェンダーを個人的な問題として捉え、女性という集合的アイデンティティを避ける傾向を持つ(Jones 2016)。ポスト・フェミニストの具体的な主張内容を明らかにするため、本稿は2013年から2014年にSNS上で生じた英語圏の#WomenAgainstFeminismを分析する。
    分析の結果、次のことが明らかとなった。1)ポスト・フェミニストは、自らの経験に基づいてもはや社会的なものの領域での女性差別はなくなったと認識しており、それゆえ、現在ジェンダーが問題になるのは家庭生活や恋愛といった個人的なものの領域においてのみであると考えている。2)また、家庭や恋愛での女性役割を楽しみたいという主張を持っているが、このような見解がフェミニストによって批判されていると思い込んでいるがゆえに、フェミニズムに反対している。3)恋愛や家庭生活において評価される能力や魅力と、社会的なものの領域で要求される能力や魅力とが、男性の場合よりも女性においてより乖離しているという社会構造上のジェンダー非対称性に起因する問題を、「女らしさ」「女性的魅力」を磨くことで乗り越えようとする姿勢がポスト・フェミニストには見られる。

    キーワード:ポスト・フェミニズム、個人化、SNS、ハッシュタグ・アクティビズム


    After the period of backlash against feminism in 1980s, some young women reject to be called “feminist”, and others show ambiguous or opposing attitude toward feminism. They are called “post feminists”. Many researchers have studied their attitudes and claims (Aronson 2003, Jordan 2016). This essay analyses the latest post-feminist’s opinions about feminism.
    The data are pictures which are uploaded to Tumbler “Women Against Feminism” with the hash tag “#WomenAgainstFeminism”. The hash tag movement of #WomenAgainstFeminism occurred in 2013-2014 among English-speakers. They shot a selfie with a note written down the reasons to oppose to feminism and shared it on SNS. The note starts with the phrase, “I don’t need feminism because…”.
    This study analyzes these texts to classify 6 categories and finds 3 things as follows. 1) Based on their own experience, post feminists have an opinion that there isn’t any discrimination against women any more. That’s why they regard the gender problems as occurring in personal life, and insist gender is the personal. 2) They demand to enjoy the gender role and femininity in their family and in their romantic relations. 3) From their claims, I could find the social structural gap between a female attractiveness in romantic relations (like kind or tender) and an appeal in business (like persuasive, powerful or having enough dignity as a leader). Post feminists are people who try to overcome this gap by personal effort to become “more attractive”. But we need to recognize this structural gap correctly to reduce women’s difficulties in their daily life.

    Keywords: post feminism, individualization, SNS, hash tag activism

    コメンテーター:斎藤 美奈子(さいとうみなこ)

    フェミ嫌いと新自由主義
     フェミニズムとの距離をどう取るかは、なかなか微妙な問題だ。男女平等社会の到来は歓迎するけど、フェミニストのレッテルを貼られたら損しそうだし、フェミニストを名乗る人たちも魅力的には見えないし……。
     「フェミニズムから距離を取る若い女性」を「ポスト・フェミニスト」と呼び、彼女たちの本音をSNS上の言説から探る。「若い女性のフェミニズム離れ」を分析した本稿は、世間にあまねく蔓延する以上のような心情を知る上で、きわめて興味深い論考である。
     読んだ人はみな叫ぶだろう。うわっ、日本とおんなじじゃん!
     分析対象は英語圏の、それも2013年〜2014年の発言だけ。にもかかわらず「私はフェミニズムを必要としない、なぜなら…」ではじまる「ポスト・フェミニスト」たちの言い分は、どこかで聞いたような台詞ばかりだ。いわく「私は夫のためにクッキングするのが好き」(性別役割重視)。「私は女らしいファッションが好きで、女らしくありたいと思っている」(恋愛重視)。ことに「自分はフェミニズムが言うような『女性』ではなく『個人』である」(「個人」主義)は、いるよいるよ、そういう人!(特にキャリアウーマンに)と思わせる。ポスト・フェミニストの半数(47.8%)がこの種の「『個人』主義者」である、という事実はじつに今日的である。
     主な投稿者は10代後半〜30代の若い層。「#WomenAgainstFeminism」というハッシュタグが立つこと自体、「そこまで熱心になる必要がどこにある?」だけれども、本稿が優れているのは、こうした「『個人』主義者」について「ジェンダーの問題を個人化し、個人の責任で対処すべき問題と見なす傾向は、新自由主義政権が進める『個人化』と共振する」と分析している点だろう。な、なるほど。「女性が輝く社会」とかホザいている安倍晋三政権の思惑も、それで説明がつくじゃないの!
     ただし、読む上で多少の注意も必要だ。主としてそれは「2013年7月から2014年12月まで」という期間の問題に由来する。著者自身が指摘する「2015年以降の投稿は極端に減っている」、また「2017年10月以降は更新が止まっている」という事実は意外に重要なんじゃないか。
     ハリウッドのセクハラ事件に端を発する「#MeToo運動」がやはりSNSから広がったのは2017年。日本でも話題になったチママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『男も女もみんなフェミニストでなきゃ』(くぼたのぞみ訳・河出書房新社・2017)や、ロクサーヌ・ゲイ『バッド・フェミニスト』(野中モモ訳・亜紀書房・2017)の原書が米国で出版されたのは、いずれも2014年である。フェミニズムの巻き返しともいえるこうした現象は、若い女性たちが「ポスト・フェミニズム」の段階を卒業し、「ポスト・ポスト・フェミニズム」の時代に入ったことを示していない?
     もっとも、そのくらいは著者も織り込みずみだろう。「個人」を尊重するふりをして社会運動を排斥する動きは、これからも繰り返し出てくるはずだ。そのときには「ああ、あれか」と思えばいい。それだけでも必見。肩で風を切って歩いている日本の「『個人』主義者」たちにもドキッとしてもらいたいわ。

関連する論文

  • 私にとっての「女性学」という場 ――水田宗子の女性学と草創期の議論を再考して――

    2019/09/09

    • リサーチ

    著者名:石島亜由美

    コメンテーター:上野千鶴子(うえの ちづこ)

    論文概要:

    本論は、1970年代から1980年代初頭にかけて日本で発表された女性学第一世代の女性学に関する論稿を考察し、各研究者が初期の段階において何を問題化したのかについて論点整理を行い、草創期の女性学像を明らかにするものである。 加えて、日本では稀有だった分離型女性学を創設した水田宗子の思想を考察し、その水田が設置した城西国際大学大学院を研究の場としてきた私の立場から、私自身にとって女性学の場の意味は何であったのかを振り返るものである。 考察の結果、女性学とは、性差の権力関係を問題とし、その事態の解消を目指して、既存の学問体系に対峙する女性学的知性を構築する営みであったことが分かり、各研究者の女性学にコミットする「当事者性」を捉えることができた。また、私自身の立場から女性学とは、性差の権力構造の中で言語化できなかった個別の経験を言語化することによって、その問題構造を問い、一人ひとりがそこから解放されていくプロセスであったことを振り返った。すなわち女性学は、実存と切り離せない、各個人のフェミニズム意識の実践の場であることを結論づけた。 My position in the women's studies that Mizuta Noriko created: Reconsidering the women's studies in its founding period in Japan This paper examines the discourses of the founders of women's studies from the 1970s through the early 1980s in Japan, so as to clarify the point of argument of each scholar and how respective idea of women's studies was formed, with a special focus on Mizuta Noriko's works. Mizuta was only one in Japan who founded an independent course of women's studies, namely, the department of women's studies and its graduate school at Josai International University. Based on my personal experience as 2 one of her students, I try to accommodate what it meant to me to belong to this particular academic community, to be called a separatist strategy. By my recollection of my personal experience, I argue the following: women's studies is the product from the struggle of construction of women's knowledge; it is determined to confront the system of established academic disciplines, with the goal of eliminating gender discrimination, by questioning gender from the perspective of power relations. In this respect, personal commitment is important for individual scholars. Women's studies meant a process of self- liberation for me through which I could express my personal experiences that could not be done in the gendered structure. In conclusion, women's studies at Josai was a site of practice of my feminist consciousness, which is inseparable from individual existence.

    > 論文を読む
  • 女たちの声(日本編)

    2019/04/08

    • リサーチ

    著者名:井上 輝子 ・ 上野 千鶴子

    コメンテーター:治部 れんげ(じぶ れんげ)

    論文概要:

    概要はなし

    > 論文を読む
  • 博士論文データベースを通して見る女性学/ジェンダー研究の40年

    2019/01/01

    • リサーチ

    著者名:内藤 和美

    コメンテーター:原ひろ子(はら ひろこ)

    論文概要:

    女性学・ジェンダー研究(以下、WS/GSとする)の知を集積して活用に供する資源に1つを加えることを目的に、また、そこに日本のWS/GSのアイデンティティが蓄積されていくようにとの意をも含んで構築し、2012年8月の公開を経て個人で管理運営してきた「女性学/ジェンダー研究博士論文データベース」(以下、WSGSDDBとする)は、2017年9月に、認定特定非営利活動法人ウィメンズ アクション ネットワークWomen's Action Network(以下、WANとする)に移管された。 本稿では、823本(2018年7月末現在)のWSGSDDB登録論文の情報を切り口に、日本のWS/GSの40年間の蓄積を示すとともに、WAN移管によってて共同化・公共化が進んだことによるデータベースの今後の活用可能性の拡大について記したい。

    > 論文を読む
  • アトピー性皮膚炎は母親の責任か? 2018/05/19

    2018/05/19

    • リサーチ

    著者名:奥津 藍子

    コメンテーター:雨宮 処凛(あまみや かりん)

    論文概要:

    雨宮のエッセイにおいて、患者自身は症状によって精神的に追い詰められていたが、症状のない母親も子どもと同様に、疲れ果てていた。なお、こういったことは、雨宮らに限った話ではなく、アトピー性皮膚炎をもつ子と母をめぐっては「よくある話」である。アトピー性皮膚炎という病いを考える際には、当然「当事者」である患者自身が注目されがちだが、母親たちはその陰で、子どものケアを一身に引き受けている。彼女たちはそれぞれ壮絶な経験をしており、単なる「患者の母親」というカテゴリーには収まりきらないほどの強い当事者性を持っている。そこからは子どものケアを強迫的に遂行している様子が伺えるが、母親たちをこれほどまでに突き動かし、追い詰めるものとは何だろうか。アトピー性皮膚炎の子をもつ母親たちが抱える困難やストレスの背景にあるものを、今一度見つめ直す必要があるだろう。 本研究は、一般に「アトピー本」と呼ばれる啓蒙書の言説分析を通じて、アトピー性皮膚炎がいかに母親の責任としてジェンダー化されるかを明らかにする試みである。

    > 論文を読む
< 女性学ジャーナルトップへ戻る