シネマラウンジ

映画と女性と社会をつなぎます。フェミニズム、ジェンダーを視野に入れつつ、映画をとおして世界の女性の多様な生の現実にふれ、ともに語りあえるような交流の場をめざしています。新作映画評、エッセイ、対談・座談会、女性監督の言葉など、映画とさまざまに関わる女性たちの〈声〉をお届けします。

映画を語る

絞り込み検索を開始する

「仮設の映画館」 自宅で、映画の未来を応援しませんか?  中村奈津子

2020.04.29 Wed

仮設の映画館 http://www.temporary-cinema.jp/新型コロナウイルス感染症の影響による「緊急事態宣言」が全国に拡大され、事業主への十分な補償のない自粛要請が続く中で、映画という文化をめぐる状況も、とても厳しくなっています。特に、全国にある小規模映画館(ミニシアター)が存続の危機にさらされていることについては、『プ

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / イベント

『在りし日の歌』 時代の波に翻弄された人びと  中村奈津子

2020.04.11 Sat

1986年の中国。北方内陸部の工業都市にある国有企業で働くリウ・ヤオジュン(ワン・ジンチュン)とワン・リーユン(ヨン・メイ)は、一人息子のシンと3人で宿舎に暮らしていた。ふたりの同僚で、同じ宿舎に暮らすシェン・インミン(シュー・チョン)とリー・ハイイエン(アイ・リーヤー)の夫婦にも、偶然、シンと同じ日に生まれた息子ハオがいた。二組の親たち

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / 映画を語る

『プリズン・サークル』 社会に「回復」の輪を広げる  中村奈津子

2020.04.02 Thu

坂上香監督の3作目となるドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』は、初めて日本の刑務所にカメラを持ち込み、そこで行われている「TC」と呼ばれる服役者の更生プログラムと、プログラムの受講生たちを丁寧に取材し作られた作品だ。刑務所の扉は予想をはるかに超えて固く、なんと取材許可がおりるまでに6年、撮影に2年を費やしたという。坂上監督の信念や情

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ

『娘は戦場で生まれた』 命への、普遍的な祈り  中村奈津子

2020.02.28 Fri

2010年にチュニジアで起こり、アラブ諸国に広がった「アラブの春」と呼ばれる民主化運動。その動きがきっかけとなり、2011年にはシリアでも、アサド大統領による長年の軍事独裁政権から脱し、平和的な方法で自国の民主化をはかろうとする運動が始まった。声を上げた市民に対し、アサド政権は暴力による制圧をはかり、市民の中から、自分たちの命と権利を自力

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / 映画を語る

『ソン・ランの響き』 愛としか呼べない音色  中村奈津子

2020.02.21 Fri

1980年代のベトナム・サイゴン(現・ホーチミン市)。身寄りのいないユン(リエン・ビン・ファット)は、高利貸しを営むズーのもとで借金の取り立てを生業としている。口数が少なく、返済が遅れた客には顔色ひとつ変えずに暴力をふるう彼は、周囲からも恐れられる存在だった。 ある日、ユンはベトナム南部の伝統歌舞劇<カイルオン>の舞台小屋へ借金の取り立

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / 映画を語る

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 不安・イライラがスッと消え去る「安心のタネ」の育て方 ポリヴェーガル理論の第一...

  • 「生きづらさ」を聴く 不登校・ひきこもりと当事者研究のエスノグラフィ / 著者:...

  • 戦争トラウマ記憶のオーラルヒストリー 第二次大戦連合軍元捕虜とその家族 / 著者...

amazon
楽天