シネマラウンジ

映画と女性と社会をつなぎます。フェミニズム、ジェンダーを視野に入れつつ、映画をとおして世界の女性の多様な生の現実にふれ、ともに語りあえるような交流の場をめざしています。新作映画評、エッセイ、対談・座談会、女性監督の言葉など、映画とさまざまに関わる女性たちの〈声〉をお届けします。

映画を語る

絞り込み検索を開始する

『ラフィキ ふたりの夢』 描いた夢はいつか、形になる  中村奈津子

2019.11.14 Thu

ケニアのナイロビで、母(ニニ・ワシェラ)と二人暮らしをしているケナ(サマンサ・ムガシア)は、看護師になりたいという夢を持っている。母と離婚した父(ジミ・ガツ)は再婚し、雑貨店を経営しながら国会議員選挙に出馬中だ。母は父のことを恨んでいるが、ケナは、ときどき父を訪ねて店を手伝うなどして、出馬した彼のことを応援していた。 ある日、ケナは父の

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / 映画を語る

【DVD発売開始!】山上千恵子監督作品『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ~』

2019.11.06 Wed

山上千恵子監督作品『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ~』 なぜ、女たちはたたかいつづけるのか? 80年代、均等法をたたかった女たちと、 今この時代に生き、働く女たちの証言から描き出すドキュメンタリー いよいよ、待望のDVDが発売されました。 自主上映の企画もお気軽にご相談ください! =作品紹介= 1984

続きを見る

カテゴリー:DVD紹介

「リンドグレーン」映画評 河野貴代美

2019.11.05 Tue

 「リンドグレーン」と題されたこの映画を、リンドグレーンが人名で、その人がどういう人であるかを知らないままに鑑賞する人はいないだろう。映画は、もちろん世界的に知られ、現代までも読み継がれている児童書『長くつ下のピッピ』等の作者アストリッド・リンドグレーンの自伝的物語である。著作はよく知られていても、作者本人の知られざる前半生が初めて紹介さ

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ

【11/30~12/1】2019 シニア女性映画祭・大阪が開催されます!

2019.11.04 Mon

「シニア女性映画祭」は、映画を通して、高齢女性の豊かさと多様さを示し、それによってシニア女性文化の創造の力になりたいと思っています。 今年は、日本初上映の2本の上映を含む5本を二日間で上映します。それぞれゲストトークも行います。初日午後の、フランスのアニメーション『浜辺のルイーズ』上映では、フランス映画研究者、西岡恒男さんのトークもあり

続きを見る

カテゴリー:イベント

『お嬢ちゃん』 不機嫌さの在り処に気づくまで  中村奈津子

2019.10.19 Sat

みのり(萩原みのり)は21歳。両親はすでに他界し、鎌倉で祖母と一緒に暮らしている。高校を出てから定職につかず、今は、喫茶店で週4日のアルバイトをしていた。それ以外はスマホゲームで時間をつぶすか、友人と近場へ遊びに出かけるか。家では世話をしてくれる祖母に甘えっぱなしで、特に将来のために何かをするでもなく、狭い範囲の中で日常を送っていた。

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ